スタッフブログ

梅雨独特のジメ~っとした日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうかsign02

 

先日、“新しい「子育て応援住宅」のカタチ” についての講習会に参加させて頂きました。

 

特に、共働き夫婦が多く、子供の教育も熱心な福井なら、必ず必要とされる住宅だな~と思い聞いていましたshine

 

具体的に言うと…

 

「生理整頓ができる家」 

「学習と収納が習慣になる家」

という様な感じですflair 実に分かりやすいですね~happy01

 

もっと具体的に言いますと…

 

例えば、子供に

「ランドセル 片付けなさい!」

「宿題 しなさい!」といつもガミガミいってしまいますよね。

 

けど、子供からしたら、

「どこに置けばいいの?」 「どこで勉強すればいいの?」

 

そうなんです。

実は、ルールを明確にしてないだけなのです。

家庭において、いつ・どこで・何を のルールを作ってあげれば、いいのです。

 

そこで、【子供導線】と呼ばれる、子供を導く動線を作ってしまおうという訳ですhappy01

 

①ただいまクローク ⇒玄関内に、手さげ、帽子等 小物を置ける場所を作るflair

②ただいま手洗い ⇒玄関横に、簡単な洗面を設けるgood

③ただいまクローゼット ⇒リビング中央に、スライド式机、書棚付きの勉強スペース。常時は扉を開けて使いやすく、来客時には扉を閉めて隠せるという便利さnote

④ただいまカウンター ⇒ダイニングテーブル横のキッチンカウンターに、図鑑等、背の高い本類をしまっておける棚を設けるbook

 

 

自分で出来ることが増えることで、子供も自信になり、

大人もその分、自分の時間に回すことができるshine

 

お互いにハッピーhappy01ですね。

何より、子供が進んで「お片づけ」や「宿題」ができるのが良い事だと思いますgood

 

福井の働くママにとって、必要不可欠のアイディア住宅flair

私も欲しいですbearing


カテゴリー: 河村

コメント

Re:新しい「子育て応援住宅」のカタチ

⚫️⚫️ミチオて大工が会社を転々としているらしいですよ。みなさん気つけてください

by おか 2015-07-11 10:33

投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存